再建の軌跡

平成16年に起きた新潟県中越地震で当山長福寺は大変な被害を受けました。平成19年8月の再建にいたるまで、役員様や多くの檀信徒の方々、また関係業者の皆様のご協力に感謝申し上げます。

 

再建の軌跡 当山の本堂は、500年以上前に建てられたものを、寛永12年(1635)江戸時代初期に現地に移築したと伝えられています。その本堂が、平成16年10月23日の夕刻に発生した「新潟県中越地震」によって、大きな被害を受けてしまいました。幸いにも倒壊は免れましたが、地震後の長岡市による建造物調査では、「全壊」の判定が下されました。その後、㈱文化財工学研究所に、復旧・再生の可能性を調査していただきました。

再建の軌跡 調査の結果、建物全体に震災による歪みが発生していること、床組材・小屋組材に広範囲にわたって腐朽や虫害が進行していることなどが確認されました。これらの損朽によって、本堂は既に構造的に危険な状態に至っており、早急に適切な処置を施すことが求められました。危険な状態にあるとはいえ、柱などの軸部の損朽は比較的軽微であることから、腐朽材の交換や構造補強などによる修理を行うことで、建物の再生は可能であると判断されました。再生のためには、「建物を半解体して、虫害・腐朽のある材を補修もしくは新規材に取替え、軸部に関しては歪みの修正を行う」、「大引、束などの床組部材に認められた深刻な腐朽や虫害は、材料の交換で対応」、「床下の湿気の滞留を防ぐために、積極的な床下換気を行う」、「地盤沈下が認められることから、建物の基礎は鉄筋コンクリート製の耐圧板とし、そのうえに礎石を据え付けることで、足元をより強固にする」、「屋根は、地震に対する荷重軽減化と、多大な降雪を考慮し、表面の摩擦の小さい銅板葺に改める。

再建の軌跡 また、形状は、本堂がかつて茅葺であったことから、茅葺型銅板葺とする」、「西面(背面)は葺き降ろしとし、南面の突出している位牌壇は、内部に取り込み、外壁は全体的に深い軒内に納めることで、風雨から守る」などの作業をすることとなりました。

伽藍について

歴史と仏様

再建と軌跡

▲このページの上部へ