伽藍について

伽藍 本堂は詳しい建立時期は不明も約築500年位たっており、開山より一度も建て替えられる事無く、移転の際も解体して移されたと伝えられています。平成17年の文化財工学研究所の調査でこの移転の時に大掛かりな改修(虹梁などの移設、装飾)が行われていると判明いたしました。当初は茅葺の屋根であったと考えられます。また戊辰の戦いでは激戦の戦場となり、その跡を残したが戦火を免れました。太平洋戦争では、焼夷弾が本堂屋根を貫きましたが不発で大きな火災にならずにすみ、周りの家々がほとんど焼失する中、当時の住職と家族が避難することなく、戦禍の中も山内にとどまり、近所の人たちの助けを借りて類火を防ぎ消失を免れました。まさにお釈迦様のご加護と二十五世雪厳和尚が申しておりました。旧長岡市内に於いては、これらの大きな二つの戦禍を免れた数少ない伽藍の一つになります。しかしその焼夷弾の被害でしばらくは雨漏りが収まらず、昭和36年に屋根の瓦葺に吹き替えが行われました。その後も被害が完全に収まらず、昭和53年にもう一度大掛かりな屋根の修復が行われて瓦葺の本堂の形になりました。位牌堂や開山堂は曹洞宗の本堂によく見られる形態でその形成時期は不明でありますが、改宗後か移転後に行われたと考えられます。虹梁などの装飾からは、移転後というのが文化財工学研究所の意見です。また、中越地震で被害を受け、文化財工学研究所の設計・監修の中、社寺工舎の下で施工してもらい、修復されました。 ・文化財工学研究所のホームページはコチラから ・社寺工舎のホームページはコチラから

伽藍について

歴史と仏様

再建の歴史

▲このページの上部へ