• HOME

曹洞宗の歴史

曹洞宗の流れは、ネパール国境付近(インド説もあります)でお生まれになられたお釈迦さまのみおしえ、おさとしを幾世代にも渡って祖師方が、悟りの生活を通して、師匠から弟子へと受け継ぎになられ、インドから中国そして日本に伝えられてきたものです。 曹洞宗の源はお釈迦さまですから、ご本尊さまはお釈迦さまです。
そして、お釈迦さまの教えを日本に伝えられ、永平寺を開かれた道元禅師を「高祖」(こうそ)とあがめ、總持寺を開き、教えを全国に広められた瑩山禅師を「太祖」(たいそ)と仰ぎ、このお二人の祖師を「両祖」とお呼びし、この、お三方を「一仏両祖」としてお祀りしお慕い申し上げ、信仰のまことをささげています。
拝む時は「南無釈迦牟尼仏」(なむしゃかむにぶつ)と、お唱えして礼拝します。 現在では、全国に約15,000の寺院と、1,200万人の檀信徒がおります。

両祖

總持寺・永平寺 両祖 曹洞宗には二つの大本山があります。福井県にある永平寺と、横浜市にある總持寺です。ちょうど、私達が父と母を持つように、道元さまの永平寺と、瑩山さまの總持寺を両大本山とお呼びします。
 道元さまが正しい仏教の教えを中国より日本に伝えられ、道元さまから四代目の瑩山さまが全国に広められ、曹洞宗の礎を築かれました。

大本山 永平寺

高祖道元禅師が1244(寛元2年)に、お釈迦さまの教えを正しく伝えられた仏道修行の根本道場であるという高い理想のもとに開山されました。 約750年の伝統を誇る永平寺は、今もつねに200余名の修行僧が日夜修行に励んでいます。

大本山 總持寺

能登の諸嶽寺を、1321(元亨元年)、太祖瑩山禅師が諸嶽山總持寺と改められたのが始まりです。 明治時代の焼失を機にその地を太祖大師開闢の聖地、祖院とし、本山は横浜市に移転しました。交通の便もよく、開かれた禅苑として国際的な禅の根本道場として偉容を誇っています。

▲このページの上部へ